丹沢山麓野鳥観察日記

野山を散策中に出会った野鳥を紹介しています。

前へ
次へ

フィールドレポート

2018/04/10
ツマキチョウ
シロチョウ科
オランダガラシなど外来アブラナ科の影響でしょうか、近年平地の河川沿いなどでよく見かけるようになりました。

135-1.jpg 135-2.jpg 135-3.jpg

2018/03/31
イカリソウ
メギ科 イカリソウ属
お隣の東京都では絶滅危惧T類、埼玉県、千葉県では準絶滅危惧種のカテゴリです。
近所で自生しているところも少なく、丹沢山麓でもかなり希です。

134-1.jpg 134-2.jpg 134-3.jpg

2018/03/30
コツバメ
シジミチョウ科
お隣の東京都では絶滅、千葉県では絶滅危惧T類のカテゴリです。
先日見つけたトラフシジミを見に行ってみましたが、直ぐに飛ばれてしまったのでまたまたコツバメの撮影になりました。

133-1.jpg 133-2.jpg 133-3.jpg

2018/03/29
アズマヒキガエル
ヒキガエル科
神奈川県レッドリスト 要注意種
お隣の東京都では準絶滅危惧種、千葉県では絶滅危惧U類のカテゴリです。
産卵のために水溜まりに集まってきているようです。丹沢山麓でも生息数が激減しているようで集団での産卵はなかなか見ることができなくなりました。

132-1.jpg 132-2.jpg 132-3.jpg

2018/03/29
キクザキイチゲ
キンポウゲ科 イチリンソウ属
お隣の東京都や山梨県、千葉県では絶滅危惧T類のカテゴリです。
久しぶりの林道歩きで見つけちゃいました。
丹沢山塊では、標高1,200m以上のブナ帯に限り分布しているものと思っていたのですが、標高600mだったので驚きです。

131-1.jpg 131-2.jpg 131-3.jpg

Category

  • 野鳥図鑑
  • 動物図鑑
  • 昆虫図鑑
  • 山野草図鑑
  • 樹木図鑑
day
ページのトップへ戻る