丹沢山麓野鳥観察日記

野山を散策中に出会った野鳥を紹介しています。

前へ
次へ

フィールドレポート

2016/12/25
ヒドリガモ(アメリカヒドリとの交雑個体)
先日の宮ケ瀬湖畔園地ではヒドリガモが少なかったので、毎年かなりの数が渡来する渋田川へ様子を見に行ってきました。
30羽程の群れの中に一羽アメリカヒドリとの交雑個体がいました。

48-1.jpg 48-2.jpg

2016/12/22
今冬はシメも豊作
いつもの相模川の観察ルートにもシメが現れました。
今冬は山ではアトリが豊作ですが、低地では同じアトリ科のシメが豊作です。

47-1.jpg 47-2.jpg 47-3.jpg

2016/12/21
宮ケ瀬湖畔園地のカモ類相が変わった
宮ケ瀬湖畔園地へカモ類を見に行ってきました。
ここ数年でカモ類相が変わったようです。
多い順(カッコは数年前と比べて)に、カルガモ(多→多)、ホシハジロ(0→多)、キンクロハジロ(0→少)、ヒドリガモ(多→少)、ヨシガモ(少→0)、コガモ(少→0)
でした。

46-1.jpg 46-2.jpg 46-3.jpg

2016/12/20
落ち葉をガサゴソ
今日は厚木市内の公園を散策しました。
けっこう小鳥が多いところなので、ハイタカでも姿を現しそうな場所です。
驚いたことにここでもサンショウクイが鳴いていました。
写真は林の中で落ち葉をガサゴソとひっくり返していたシロハラが、水を飲みに出てきてくれたところをパチリ。

45-1.jpg

2016/12/17
アオバトは夏鳥?留鳥?冬鳥?
先日見つけたサンショウクイを探して厚木市内の低山をウロウロしたのですが見事に振られてしまいました。
代わりに今度はアオバトを見つけました。
前々から気になっているのですが、冬期に丹沢山麓で観察されるアオバトは居残り個体ではなくて、ひょっとしたら北から渡ってくる冬鳥じゃあないかと思っているのですが。
この説如何でしょうか。

44-1.jpg

Category

  • 野鳥図鑑
  • 動物図鑑
  • 昆虫図鑑
  • 山野草図鑑
  • 樹木図鑑

姉妹サイト

  • 真鶴伊豆沖釣りアシスタント
day
ページのトップへ戻る